クレナフィンを使った爪水虫の治療

クレナフィンを使った爪水虫の治療

長年爪水虫に悩まされてきました。皮膚科に何度も通ったものの、元々肝臓の数値があまり良くなかったことから、医師からは飲み薬による爪水虫の治療は止めておこうと言われました。

 

その代わりに塗り薬の液薬を出してもらっていたのですが、長期間塗っていてもあまり効果を実感することは出来ませんでした。これ以上悪くならなければと、受診は続けていましたが、当然ながら改善はほとんどなく、現状維持がやっとというところでした。

 

ところが、ある日通っていた皮膚科を受診した所、新しいお薬が出たというお話を医師から受けました。飲み薬が使えない人でも爪水虫を完治することができるお薬と聞き、出してもらったお薬が、クレナフィンというお薬でした。

 

塗ってみた感覚は他の液薬と同じような塗心地だったのですが、事前に薬剤師より爪の奥まで浸透して効果を発揮するというように説明を受けておりましたので、納得して薬を塗り続けていました。

 

クレナフィンを使い始めてから一月ほど経ったころ、なんだか爪の根元から今までの黄色っぽい爪とは異なるきれいな色の爪が出てきているのに気が付きました。医師からも少しずつ効果が出てきていると話があり、やっと治る見込みが出てきているというところです。

 

治療が完了するまで半年位かかるとも聞いていますので、しっかりと続けたいと考えています。

 

 

足の爪水虫が臭いと感じる

現在爪水虫の患者です。爪水虫が黄色から茶色に変色した中期後半の症状で、皮膚科に通っています。学生なので、学生服に靴下を履かねばなりませんが、脱いだ靴下に嫌な臭いがこもっていてとても気になります。

 

 しかしネットで調べたところ、爪水虫が原因で足の爪が臭くなることはないということです。結局この嫌な臭いは、足の環境が良くないことが原因で、雑菌が繁殖し、洗濯物の生乾きのような臭いを発しているらしいです。

 

 爪水虫は足の指を不衛生にしているとなりやすいので、お風呂に入ったときなど、丁寧に指の一本一本を洗っていなかったのが原因だと思い至りました。そして足を清潔に保ち、なるべく乾燥させた状態にしておけば、白癬菌の繁殖も防げます。

 

 例えば、平日の学校は仕方がないとしても、休日家にいるときには、なるべく靴下は履かないようにします。夜寝るときの靴下もやめます。また靴も通気性の良い、自身の足のサイズにあったものを選ぶと、動かしているときに自然に空気の入れ換えがなされるということです。

 

 爪水虫を防ぐ基本は、とにかく足を清潔に保つということ、そして乾燥した状態に置いておくことだと知りました。今の症状が治まったら、今度は十分気をつけたいと思います。