爪によいとされるドクダミを活用して

爪によいとされるドクダミを活用して

昔からドクダミは体内毒素を排出してくれる薬草として知られており、お茶として飲んでいる方が多いです。爪水虫にもよいと考えたので、ドクダミ茶を購入して飲んでみました。

 

すると便通がよくなってお腹の調子が整っている感じがありましたが、爪水虫には作用しませんでした。肌トラブルは内側から治すものだと言われますが、爪の場合はちょっと特殊のようです。

 

爪水虫対策として市販のクリームなども使用しましたが、ほとんど効果がありませんでした。皮膚と爪は構造が違うためか、爪に塗ってもあまり浸透してくれません。爪水虫は爪内部から生じているようなので、ドクダミやクリームで対処することは難しいと考え、クリアネイルショットの購入を決めたわけです。

 

この商品は爪水虫対策の専用商品であり、とにかく保湿力に優れています。特に浸透性が強いので、すーっと内部まで保湿されていくのがわかりました。爪専用に作られているらしく、すぐに保湿されて綺麗になったのを覚えています。

 

美容に一番大切なのは保湿と言われますが、それは爪にも言えるのだと思いました。クリアネイルショットを使用して2ヶ月になりますが、今はツルツルの爪を維持できており、サンダルで外出してもまったく気になりません。

 

 

爪水虫は馬油で治せるか

去年の秋頃、足の爪に異常を感じました。爪先がごわごわして、固く強ばったようになり、風呂でその部分を洗うと、皮膚がぽろぽろとはがれ落ちてくるのです。何しろ前の日に、しっかり洗い落としたと思っても、翌日にはまたはがれてくるので、垢ではない、何かおかしいと感じていました。爪のごわつきも治らず、それどころか何だか爪とその周辺の皮膚が厚くなっているような気がしました。

 

 ネットで調べてみたら、爪水虫の初期症状にばっちり当てはまっています。しかし正直、混んでいる皮膚科に通うのは面倒くさすぎると考え、何か良い方法はないかとさらに調べてみたところ、馬油が爪水虫に効くのだというレポートを見つけました。

 

 それならば常備薬で、うちの薬箱にも買ってあります。さっそく足をきれいに洗って、患部の水気をぬぐい、馬油を塗り込んでみました。最初はべたべたしますが、丁寧にすり込んでいくと、肌になじむのでやさしくやってみてください。薬が他の指につくのが嫌で、五本指靴下を買い込み、治るまではそれを履いていました。

 

 結局、よくなるまで一ヶ月弱はかかったかと思います。しかし、僕の場合は医者にも通わず、飲み薬もなく、馬油だけで爪水虫を治したのです。たぶんまだ初期の爪水虫だったから良かったのかもしれません。一度試してみてはどうでしょう。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら