家族に爪水虫の人がいるときにはバスマットに注意

家族に爪水虫の人がいるときにはバスマットに注意

全国各地に水虫で悩んでいる人は多くいます。その中でも最近多くなっているのが爪水虫です。爪水虫は白癬菌と呼ばれる菌が皮膚から爪に移って起こるもので、10人に1人は感染したことがあるという、身近にある水虫です。

 

水虫のイメージに良くある、指と指の間が痒くなったり、ぐちゅぐちゅしてきたりするものと違い、痒みも無いことが多いので、自分は症状が無いから水虫に掛かっていないと思っている人も少なくありません。爪水虫の感染で多くあるのがバスマットです。

 

家族の中で症状のある人が一人でもいるのであれば、同じバスマットを利用すれば、水虫に感染する確率はとても高くなります。水虫にならない為には、いくつかのポイントがあります。一番重要なポイントは清潔であることです。

 

お風呂に入る際も石鹸などでしっかりと足を洗うことが重要です。水虫の原因である白癬菌の増殖を抑制することができます。また、お風呂から出た際には足をしっかりとタオルなどでふき上げることが大切です。

 

しっかりと拭かず、水気が残っているようでは、雑菌類が繁殖しやすくなってしまいます。タオルでしっかりと拭き乾燥させることが大切です。バスマットもしっかりと清潔に乾燥させておくことが重要です。

 

 

爪水虫がばれるのが怖かった体験

わたしは、20代半ばの頃から、爪水虫に悩まされるようになりました。最初は、足の親指の爪の表面が白く濁り始めました。乾燥が原因だろうと気にも留めなかったのですが、徐々に爪の表面が黄色みがかった色になっていったのです。

 

そして、次に爪がボロボロの状態になってしまいました。そこで、ようやくネットで調べてみたところ、爪水虫が原因だと判明したのです。爪水虫になって、周りにばれるのではないかとすごく不安に感じました。特に夏の時期はサンダルを周りは履いていたのですが、私はばれないようにスニーカーをはいていたのです。

 

このままではいけないと治す方法を探したところ、クリアネイルショットと言う治療薬を見つけました。クリアネイルショットには、爪水虫の原因菌を効果的に殺菌する成分が配合されているということです。

 

一日に一回のペースで塗布すると症状が良くなるという口コミを見て、早速試してみました。症状が目立つ親指の爪に塗ると、ジェル状の薬が爪にすぐに浸透していきました。塗り心地は想像以上にサラッとしていて、塗ってすぐに乾燥してくれました。

 

また、ノズルが細いので、爪の細かい所まで塗れるのも便利でした。おかげで、3ヶ月くらいで爪水虫の症状が改善しました。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら