爪水虫は飲み薬で治します

爪水虫は飲み薬で治します

爪に爪水虫ができて、市販の塗り薬では完治は難しいと思ったので、皮膚科に行って治療をすることにしました。爪水虫の治療は塗り薬を塗るのかと思っていたら、水虫薬のクリームタイプは足全体に塗って、爪には液体タイプの塗り薬が処方されました。

 

塗り薬だけではなく飲み薬も飲みました。爪水虫になってしまうと塗り薬だけでは完治させることが難しいため、飲み薬も処方されます。

 

飲み薬には種類があって病院によって取り扱っている薬は違うようです。ひとつの薬は水虫の原因菌を抑えて殺菌する働きがあり、肝臓に負担をかける可能性があるので服用する際には定期的に血液検査をする必要があります。

 

もうひとつの薬は殺菌作用があり水虫の原因菌を殺菌することができ、1週間連続して服用して、3週間は薬の服用を止める方法で飲みます。やはり肝臓に負担をかける可能性があるので初診時に血液検査を行ないます。

 

私が服用した薬は1週間連続して飲む薬で、飲み始める前に血液検査をしました。特に問題がないということで薬を飲み、半年くらいかかって爪が元通りに戻りました。薬を飲んでもすぐに治るということではなく、爪が伸びるまでの期間も必要です。

 

爪水虫まで水虫の原因菌が広がるまでは足自体が水虫に感染しているということで、爪水虫になると薬を飲んで治療をすることが殆どなので、塗り薬で治る状態で皮膚科を受診すれば良かったと思っています。

 

 

飲み薬以外の塗り薬で爪水虫の治療をしている私

爪水虫になると、爪が白くってもろくなり、素足になるのも恥ずかしくなってしまいます。
私も爪水虫になり、サンダルを履いたオシャレが楽しめなくなりました。

 

そこで飲み薬以外の市販の塗り薬で、自分で治療を始めています。
爪水虫には飲み薬が良いと聞いたことがありますが、薬を飲むと身体に悪影響がありそうだと考えてしまいます。

 

また、爪水虫になる私のような人は、爪だけでなく、他の部分も水虫になっているのではないでしょうか。
私の場合、小指と薬指の間に水虫が出来てしまい、長年悩まされていました。

 

薬を塗ると良くなるので薬を止めるのですが、そうしてしばらくすると、また、再発するということを繰り返していました。
そして、こんなことを数年繰り返していたら、とうとう、爪が水虫になってしまったのです。
爪水虫の治療は、根気が必要です。

 

私の場合、白い爪が少しピンク色になるまで、塗り薬を季節問わず1年間塗り続けました。
それでも色が少し正常になっただけで、形は変形したままです。
形まで元通りにするには、まだまだ治療が必要でしょう。

 

よって、爪が水虫になると、かなり長い月日をかけて治療しなければなりません。
水虫にならないのが最も良い状態なのですが、注意を払っていても水虫になってしまったら、爪にまで水虫の菌が広がらないようにしてください。