飲み薬のラミシールは効果あり?

飲み薬のラミシールは効果あり?

水虫は、白癬菌というカビの一種が増殖することで発生します。通常、白癬菌は硬い爪の中には入ってこられないので、爪水虫になってしまうことは滅多にありません。しかし、ブーツなどを履き続けて、湿度と温度が高い状態を続けていると、白癬菌の増殖が進んでしまい、爪と皮膚の間から水虫になっていきます。いったん爪水虫になってしまうと、塗り薬での治療は難しく、飲み薬を半年から1年にかけて服用し続けることになります。

 

爪水虫になってしまった場合、塗り薬の方のラミシールを患部に塗り続けても、感知することは滅多にありません。爪の内部にまで白癬菌が入り込んでいるので、硬い爪に守られて成分が浸透しないからです。ラミシールには飲み薬もありますが、こちらは服用し続けていると、白癬菌を除去することができます。また、薬で治療をする場合は健康保険が適用されるので、費用は安くで済みます。

 

爪水虫を塗り薬で完治させることは難しく、飲み薬を服用することになります。また、ラミシールを飲む場合、副作用などもあります。また、飲み合わせの問題が発生することもあるので、服用を始める時は自分で判断するのではなく、医療機関に受診してから薬を飲むようにしましょう。

 

 

意外と多い爪水虫の治療薬ラミシールの副作用

私が使用したラミシールは、水虫治療によく使われる薬だと言われました。初めは指の間に使用する塗り薬を処方されていましたが、爪水虫に感染が広がってしまったようで、途中から飲み薬に変更になりました。

 

飲み薬に変更になった際、お医者さんから副作用について説明を受けました。結構たくさんの症状があり、少し不安になったことを覚えています。覚えているだけでも、下痢や吐き気・お腹の痛み・めまい・頭痛・食欲不振・じんましん・関節の痛み、他にもいろいろな副作用が報告されているそうです。

 

自身がちょっと身近に怖いなと感じたのは、めまいと頭痛です。実はもともと頭痛持ちで、薬によってはめまいを起こした経験があるので、少し心配してしまいました。
塗り薬のラミシールにも副作用はあるらしく、皮膚が赤くなったりすることがあると言われていましたが、そのようなことは起こりませんでした。

 

飲み始めて異常を感じたらすぐ受診するようにと言われてびくびくしながら服用していたのですが、結局飲み終わるまでこれといった異常は感じずに終わりました。

 

肝心の爪水虫の方は、ラミシールの服用できれいに治り、同じ菌である指の間のじゅくじゅく水虫にも効果があったようで、すべてきれいに治療完了することが出来ました。