治療の料金が気になりました

治療の料金が気になりました

私はこれまでに、爪水虫を3回も患っています。初めて爪水虫にかかって病院に行った時にすすめられたのが、内服薬をのむ方法でした。そして内服薬にも種類があり、毎日薬を飲む方法と、1週間服用して3週間休む方法があるといわれました。

 

1週間薬を服用する方法の場合には、デメリットとして肝障害などの副作用や薬物相互作用が見られることがあるということでした。そのためたとえ健康な人であっても、治療中には定期的に血液検査が必要になるということを言われました。私はどちらがよいか迷いましたが、結局1週間服用する方法をとりました。

 

治療方法を選ぶ時に、やはり気になることの一つに料金がありました。毎日薬を飲む方法の場合には、毎日一錠を約6か月間服用して、料金は全部で約14000円程度ということでした。私が選んだ方法は1日8錠を7日間内服して、3週間休みというサイクルでした。

 

1日8錠はなかなか飲むのは大変かと思いましたが、その後3週間休みということで、こちらを選びました。こちらの治療は、顕微鏡の検査代などもかかり約15000円ほどで、内服薬の治療はそれほど料金は変わらないことがわかりました。

 

結果的に治ったように見えて、2回も再発してしまっています。もしも今度、再び爪水虫の症状が現れた場合には、治療法も考え直した方がよいのかなと思っています。

 

爪水虫の治療にリューターを使いました

私は数年程前に爪水虫を患った経験があります。爪が白く濁る症状があらわれ、なんだろうと思っているうちに、私の右足の親指の爪はボコボコの状態に、そして分厚くなってしまいました。

 

すぐに病院に行き、様々な検査を受け、最終的に爪水虫と診断されました。医師からは、爪水虫の治療として、内服薬と塗り薬をもらいました。毎日しっかりと薬を飲んで、塗り薬を塗るように言われました。

 

医師の指示通り、薬を飲み、塗り薬を塗っていましたが、なかなかよい方向にいっているようには思えませんでした。薬を塗っていても、私の爪が分厚くなりすぎて、薬が浸透しているとは思えません。そこで私は分厚くなった爪を削って、少しでも薬の浸透率を上げようと思いました。

 

ホームセンターに行くと、リューターが販売されていました。リューターとは電池式のドリルのようなものです。1000円ほどだったと思います。これを購入してかえり、分厚くなった爪の表面をごりごりと削りました。削りかすは粉のようになり、飛び散りそうになりましたが、菌の塊なので、慎重に処理しました。

 

これにより私の爪はそれまでよりもずっと薄くなりました。これで少しは薬が浸透するようになったのか、ほんの少しずつですが、回復していきました。今ではすっかり治り、あの時にリューターを使って本当に良かったです、